秋田県の不動産の評価額の算出方法は?

不動産の評価額には、

(1)固定資産税評価額・・不動産に掛る固定資産税などの税金を計算する為の基準となる価格のことで、不動産の所在地の市町村が「固定資産課税台帳」に課税価格を記載して公開しています。
(2)路線価 / 相続税評価額・・不動産鑑定士などの鑑定評価額を参考にして国税庁が毎年発表しています。市街地などにおいて不動産が接する道路毎に価格が定められて公開されています。 路線価ホームページ https://www.rosenka.nta.go.jp/
(3)公示価格・・地価公示法に基づき、国土交通省が毎年公表する価格です。
(4)基準地価・・国土利用計画法に基づき、都道府県知事が毎年公表する価格です。
(5)実勢価格・・実際に不動産の売買を行った価格になりますが、一般的には公開されていません。 実勢価格ホームページ https://www.land.mlit.go.jp/webland/

などのように、不動産の価値を表す5つの価格評価がありますがそれぞれが異なります。

不動産の実際の取引価格はどのように計算するの?

不動産の取引を行う際の価格に一番近いのは、実勢価格となります。
但し、実際の不動産の取引された価格は一般には公開されていない為、不動産を売りたいと思ってもご自身で実勢価格を調べることが出来ません。

不動産会社では、過去の不動産の取引事例を調べることが可能です。過去の取引を参考に不動産の価格を計算する手法を「取引事例比較法」と呼び、多くの不動産会社が「取引事例比較法」により 不動産の査定を行っています。

更に、この「取引事例比較法」に「原価法」や「収益還元法」を加えて査定価格を弾き出すのですが、最終的には不動産会社の担当者の感覚的な判断が加って計算される事が多いようです。

不動産の査定価格は、不動産会社や時期によっても異なります。

不動産の査定は、「取引事例比較法」に「原価法」や「収益還元法」に最終的に不動産会社の担当者の感覚的な判断が加って計算されます。

人気のエリアの不動産であれば、査定額は「高くなり」、最近取引されていないエリアの不動産の場合「安くなり」がちです。

わざと高い査定価格を出す不動産会社も!

【例えば】Aさんが、横手市内で相続した不動産を売却したいと考えて、一括査定に登録して5社から、不動産の査定を受けました。

5社の査定額は、2800万円〜3400万円となっていました。

一番査定額の高い、C社に売却の依頼をしたのですが、なかなか買い手が見つからず最終的に、2500万円 まで値引きしてやっと売ることが出来ました。
一般的に、C社(不動産会社)に売却を依頼しても、C社から他の不動産会社に「不動産業者間流通サービス(レインズ)」を通じて、情報が公開されます。高い査定額を提示した不動産会社ではなく、売却するためにより良い提案をした不動産会社に、3400万円で売却の依頼をすれば、2800万円以上で売れる可能性が高くなるのです。

秋田AI不動産査定の自動査定は、AIが収集した不動産情報をもとに自動査定を行っています。

秋田AI不動産査定は、AIが収集したデータをもとに「取引事例比較法」や「原価法」を用いて、AIが自動査定を行っています。

担当者の感覚的な判断は加わりません。

また、周辺の最新不動産の販売情報をメールでお知らせしてくれるので、売出し価格の参考に出来ます。

AI不動産査定をお試しください!(匿名&無料です)

 

あなたの不動産の最新相場情報を
人工知能AIが瞬時に診断いたします!!