売れない空き家を高く売る方法

近年の移住ブームやアウトドアやキャンプが人気なことから、大都市から離れた田舎の家を購入する方が増えてきています。

ところが、実際に田舎暮らしの為の住宅を購入しようと考えてもインターネット上で探し出すことは困難なのです。

全国の空き家がどんどん増えていて、空き家問題になっているのにどうして売れない・買えない?かです。

空き家だけど売る予定がない場合を除いて、空き家を売りたくても売れない原因ベスト8をご紹介します。

秋田の空き家が売れない原因ベスト8

(1)価格が安すぎて不動産会社が売ってくれない

 不動産を売却する際には、どこかの不動産会社に頼みます。不動産会社は、物件を調査して、写真を撮影したり図面を作成してホームページに公開します。不動産が売れた場合、売主は不動産会社に売買金額の3%+6万円の仲介手数料を支払います。

例えば、売買代金が300万円だった場合、仲介手数料は 15万円 になります。

もし、横手の中古住宅の販売を秋田市の不動産会社に頼んだ場合、

・不動産の調査のための、交通費や人件費 約10万円
・不動産ポータルサイト掲載費用 約4万円
・その他の費用

となり、不動産会社が売却出来ても仲介手数料収入がほとんど残らないのです。

このように、売値が1000万円に満たない不動産の場合、「大手不動産会社などは取り合ってくれない」場合などが有るのです。

(2)汲取式のトイレ

これは、大きな問題です。もしも売却しようと考えている不動産が「汲み取り式トイレ」の場合、そのままで売る事は困難でしょう。

 汲み取り式のトイレの場合はどうしても物件を案内する場合に、買い手が匂いを気にしてしまいます。また、購入後に水栓トイレに改修する工事費用が必要になりますので。どうしても、売りにくくなってしまうのです。

 まずは、あなたの不動産「秋田AI不動産査定ナビ」のAI自動査定で、いくらになるか査定額をチェックしてみましょう。

(3)倉庫状態になっている

 相続した不動産の遺品をそのままにしていてが家中が倉庫状態に、販売するための写真の撮影も難しくメンテナンス状況の確認も出来ない。今時の不動産はネットで探すのはあたりまえです。

不動産の売買では写真と間取り図は、販売の最重要ポイントです。写真の良し悪しで問い合わせ率は、天と地ほどの違いが生まれます。

 もしも、「家具などを整理できない」「倉庫借りる費用ももったいない」場合は、不要な物を一部屋にまとめてから、写真撮影されてはみてはいかがでしょうか?

 まずは、あなたの不動産「秋田AI不動産査定ナビ」のAI自動査定で、いくらになるか査定額をチェックしてみましょう。「秋田AI不動産査定ナビ」なら、不動産販売時の写真撮影やお品整理のサポート行っています。

(4)畑が無い

 畑付きの不動産は、田舎暮らしの物件としてホームページ でアピールする事ができます。以前は(50アール以上)ない場合は農地の譲渡が難しかったのですが、平成27年から下限面積が緩和されました。

畑付き不動産は人気があります。

売却を検討中の住宅と一緒(または別)に田畑を売却される場、売却前に一度ご相談ください。

まずは、あなたの不動産「秋田AI不動産査定ナビ」のAI自動査定で、いくらになるか査定額をチェックしてみましょう。

(5)建物のメンテナンスが悪すぎる

 田舎の古民家などは、古くても中古住宅市場では人気が高いです。但し、古民家でなくても近年は、古い住宅を購入して「セルフリフォーム」される事が趣味として広がりつつあります。

 但し、建物の構造に影響を及ぼす「雨漏り」「基礎のヒビ」などは「セルフリフォーム」では、修復が不可能になってしまいます。空き家だからと、放置してしまって「雨漏り」などに気付かないままでいると、取り返しのつかない状態になってしまいます。

(6)駐車場が無い

 田舎の住宅を販売する際に、駐車場が取れない場や駐車場に入りにくい場合、特に道幅が狭かったり坂道などの場合も、住宅の販売が難しくなってしまう場合があります。

 田舎暮らしには、駐車場は必須です。駐車場がない為に、売れない不動産は本当に多いので気をつけましょう。

(7)再建築出来ない

 広い敷地なのに、道路に面していない住宅は意外に存在します。相談する不動産会社によっては、建築出来ないことさえ気付かない場合もあります。

田舎の住宅でも建築時に道路に面している、必要があります。

 ・接する道路が実は私有地だった。
 ・敷地に道路が接していなかった
 ・道路に接している部分が2mに足らなかった。

場合は、建物を建築する事が出来ません。

ご自身の不動産が、道路に接しているかどうか判断するのは、法務局にとどれでされている「公図」を確認します。

 まずは、あなたの不動産「秋田AI不動産査定ナビ」のAI自動査定で、いくらになるか査定額をチェックしてみましょう。

(8)敷地の配置図が無い

 古い住宅の場合、敷地図や建物の配置図が存在しない場合は大変多くあります。

不動産ポータルサイトの「atohome」や「suumo」などをみても、敷地図や建物の配置図が登録されている物件は、ほとんど存在しません。インターネット上には駐車場の場所や庭の広さなど「おおまかにわかるようにしておきましょう」詳しい敷地図や配置図は実際の売買時に必要になりますので、お問い合わせ頂いた方にのみ公開する方法で問題ないと思います。

 まずは、あなたの不動産「秋田AI不動産査定ナビ」のAI自動査定で、いくらになるか査定額をチェックしてみましょう。

田舎の空き家は、壊さないで活用方法を考えましょう

 不動産の売却先が決まっていないのに建物の解体を不動産会社に勧められた場合、その不動会社に売却の依頼をするのは中断された方が良いでしょう。

  • 理由① 古い建物でも、構造部分だけ残してリフォームすれば利用できる場合があります。
  • 理由② 市街化調整区域において、都市計画法に基づく許可を受けずに建築物の増築を行うことが出来る場合があります。
  • 理由③ 建物の利用価値がない場合でも、購入希望者が不動産購入後に数年は家を建て替えない場合、建物が残っていた方が「固定資産税」が安く済む為、古家付きの土地は購入者に都合の良い不動産のため人気があります。

秋田県の空き家販売に強い会社

「秋田AI不動産査定ナビ」は、秋田市、横手市、大仙市、湯沢市の不動産の売買を得意にしています。査定価格の低い物件から事業用大型不動産まで、全力で販売活動を行なっております。少しでも「気になることがありましたら」お気軽にご相談ください。

あなたの不動産の最新相場情報を
人工知能AIが瞬時に診断いたします!!