横手市湯沢市大仙市など田舎の不動産を買い取りしてくれる会社

もし、あなたが不動産会社に「あなたの所有する不動産を買い取ってもらった場合」
一般的に不動産会社は不動産の購入費用の他に、「登記を移転する費用」「購入資金の利息や手数料」「不動産取得税」「購入した不動産のリフォーム費用」などの費用が発生してしまいます。

買い取ってもらった方が良い不動産がある

 では、どうして「わざわざ」余分な費用がかかっても不動産を買い取ってもらうのか?買取になってしまうケースをご説明します。

(ケース1)
そのままの状態で販売しても、住宅部分が古くて「リフォームしないと」利用できないケースです。
特に、横手市湯沢市大仙市の山間部の古い住宅の場合「汲取式のトイレ」の場合が多く、水洗式トイレに変更したり、傷んだ部分をリフォームする費用をかけないと購入者が見つからないケースが多いのです。
 一般的な、不動産の仲介売買の場合「リフォーム費用」かけて販売を依頼されるケースは殆ど無いため、不動産業者が買い取ってから販売することになるのです。

(ケース2)
建物が古すぎて、解体工事が必要な場合。
 一般的な木造住宅の耐用年数は20年から30年と言われていますが。建物の状態によって、50年以上もつものもあれば、30年で解体してしまう建物もあります。
解体費用は、
木造住宅の場合
25,000円 / 坪 〜 50,000円 / 坪

その他、樹木の撤去、井戸や浄化槽の撤去、ブロック塀や駐車場の撤去などの費用が発生します。
 売却価格の安い土地の場合、不動産の価格より「解体費用」のほうが高くなってしまうケースもあるのです。

秋田の不動産会社で不動産の買い取りをしてくれる会社は少ない

秋田県でも不動産の買い取りを行う会社は少なく、「賃貸」などがメインの不動産会社などでは買取の場合、買取業者に依頼するケースなどもあります。

「秋田AI不動産査定ナビ」は不動産の、売買情報をAIが収集分析して不動産の売買を行っております。「売却のプロ」にご相談ください。

あなたの不動産の最新相場情報を
人工知能AIが瞬時に診断いたします!!