秋田県の空き家を【賢く】売却処分する方法

両親や親族から秋田県の不動産を相続して、「空き家になってしまって」そのまま放置する方が増えています。
空き家問題は深刻で、空き家が

老朽化して倒壊する
害虫が住み着く
悪臭が発生する
景観をそこねる

などの危険性がありますが

放置したままにすると、「固定資産税」が掛かってしまうことと。

また、

「被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例」
などの優遇措置が受けられなくなるケースもあります。

では、空き家を売却しようと考えた時に何から初めて良いか簡単に手順を説明いたします。

手順1−1)空き家を売る前の準備

まずは、空き家(不動産)の情報を整理しておきましょう

(1) 権利書や登記簿謄本で次の項目を確認しておきましょう
  • 不動産の所在地(住所と登記簿上の地番は異なることが多いので、両方把握しておく必要があります)
  • 所有者(父や母やそのご両親になっている場合は、相続登記が必要になります)
  • 建物の面積 土地の面積
  • 敷地の境界が分かるもの
  • 公図や測量図の準備(法務局で調べることが可能です)
(2)もしも(1)の内容が不明な場合は
  • 固定資産税の納税通知書を調べましょう
  • 亡くなった人が所有していた土地・家屋を調べるには、名寄帳を確認します。名寄帳は、「固定資産課税台帳」と呼ばれることもあります(「固定資産課税台帳」は、役所によっては「土地家屋課税台帳」という名称のこともあります)。

手順1−2)名寄帳の閲覧・取得の方法について

名寄帳は、市町村の役所で、閲覧・取得することができます。 複数の市町村に土地・家屋を所有している場合は、それぞれの市区町村で名寄帳を閲覧・取得しなければなりません。

【例えば】秋田市に自宅一戸建てを所有して、横手市に借家を所有する場合

秋田市役所と横手市役所のそれぞれから、名寄帳を閲覧・取得する必要があります。

名寄帳を取得できるのは、

「所有者本人」「親族」「相続人」などになります。

手順1−2)名寄帳の閲覧・取得の方法について

不動産ポータルサイト「アットホーム」「SUUMO」などで所有する不動産の近くに売出し物件が出ていないか調べてみましょう。

次に、

①「秋田AI不動産査定ナビ」でAI自動査定してみる

② インターネットで調べて空き家の近くの不動産会社に相談する

③ 一括査定サイトで「査定依頼してみる」

などが、考えられる一般的な不動産会社の探し方です。

あなたの不動産の最新相場情報を
人工知能AIが瞬時に診断いたします!!